お車れカスタマイズ?

☆お洒落度UP個性度UP使えるアイテム勢揃い▼ 車に関係ない話もアリ!?いろんな話題☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタランドクルーザー
landcruiser2001508_03-618x489.jpg
トヨタのオフローダー・フラッグシップモデルである「ランドクルーザー」が内外装を一新、先進安全技術や世界初の運転支援システムを採用するなどのビッグチェンジを果たしました。
2015年8月17日に発表された新しいランドクルーザーは、大胆な3本バーのフロントグリルに変身するなど、世界中で評価されるトヨタの最上級オフローダーにふさわしい風格あるスタイリングとなっています。

メーカー希望小売価格は、472万8437円~682万5600円(消費税8%込)と、従来モデルに対して、およそ20~30万円アップしています。ベーシックグレードのGXは2列シート5人乗り、それ以外の3グレード(AX、AX Gセレクション、ZX)は3列シート8人乗りとなっているのは従来通りです。=clicccar.com


一度は乗ってみたいが、デカそうだなぁ〜(^^ゞ
スポンサーサイト
toyotaさんが(^^ゞ新しい『シエンタ』を発表!



最近のトヨタはこのマスクが流行なんですね(^^ゞ
トヨタは扱い易く・・・迷わず使えるところがいいです!
⇒⇒トヨタシエンタ サイト

10606039_747753028619521_9156498231822641310_n.jpg
トヨタ自動車は、『エスティマ』『エスティマハイブリッド』を一部改良するとともに、特別仕様車「VERY エディション」を新設定し、9月2日に発売した。

今回の一部改良では、エスティマ全車にS-VSC(横滑り防止装置)を標準装備することで、より安全性に配慮するとともに、エスティマ、エスティマハイブリッド全車にリバース連動・オート電動格納機能付のドアミラーを新採用することによって、利便性を向上させた。

特別仕様車は、女性ライフスタイル誌「VERY」とコラボレーションした、「エスティマ 2.4アエラス VERYエディション」と、「エスティマハイブリッド アエラス VERYエディション」を新設定。VERY編集長と読者モデルらの視点を車の内外装の随所に取り入れ、黒基調のシンプルなデザインとした。

具体的には、外装は、フロントバンパーモール、サイドモール、フロントエンブレム、バックドアガーニッシュ、フロントフォグランプにスモークメッキを施すなど、上質な印象を一層高めている。
10556320_747752985286192_5719768189601655376_n.jpg
内装は、インストルメントパネル、フロントドアアームレストにサイバーカーボン調(ブラック)の専用加飾を施したほか、ルーフ・ピラーをブラックとした。また、シート表皮にはブラックが映えるベージュの合成皮革を採用。さらに、フロントドアガラスにスーパーUVカット・IRカット機能を追加したほか、ナノイーや快適温熱シート(運転席・助手席)、リヤオートエアコンを特別装備した。

あわせて、従来より設定の特別仕様車「プレミアム エディション」、「ウェルキャブ(メーカー完成特装車)」についても、ベース車と同様の改良を施している。

価格はエスティマが287万8691円から407万3563円、エスティマハイブリッドが391万8437円から514万2763円。特別仕様車アエラス VERYエディションはエスティマが333万8182円、エスティマハイブリッドが436万3200円。



皆さん、どうですか?(^^ゞ
オレも次はミニバン、いきたいねぇ〜 欲しい。。お金貯めよう(^^ゞ
トヨタ・ランドクルーザー70が復活販売!!

ランクル70
トヨタ自動車は25日、平成16年に国内販売を終了したスポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー70シリーズ」(ランクル70)を再発売したと発表した。直線的で武骨なデザインや悪路での高い走行性能により、今も愛好家の間で高い人気を保っている。27年6月30日生産分までの期間限定で受注する。

昭和59年にランクル70が発売されてから今年で30年になることを記念し、復刻する。自動車業界で、10年前に販売を終えたモデルの再発売は異例だ。

質実剛健なイメージを保ちながらフロントフェースやインテリアはデザインを現代的に変更した。また、過去販売した4ドアバンタイプに加え、アジア新興国などで販売しているピックアップトラックタイプも国内で初めて発売する。価格はバンが360万円、ピックアップトラックが350万円。



見た目は当時のまま!?(^^ゞ
このごっつい感じがいいですね~でも内装は・・・今風?(^^ゞ
SUV好きにはたまらないですね!!
NEW ダイハツコペン

コペン1コペン2

ダイハツ工業は19日、軽自動車のオープンスポーツカー「COPEN(コペン)」をフルモデルチェンジして発売した。
産経


乗ってみたいですねぇ〜
カリフォルニアT
カリフォルニアT発表


【 カリフォルニア T 】
全長×全幅×全高=4570mm×1910mm×1322mm
ホイールベース=2670mm
車両重量=1625kg
駆動方式=FR
エンジン=3.9L V型8気筒 直噴ターボ
最高出力=412kW(560ps)/7500rpm
最大トルク=755Nm(77kg-m)/4750rpm
トランスミッション=7速DCT
車両本体価格=2450万円




ま、一生実車を見ることも、乗ることもないだろう(T_T) こうしてネットで眺めてるだけ~~

車両価格も、田舎じゃ家が一軒建ちます!!

成功者が乗る車だね(^^ゞ
マクラーレンの新型車650Sデビュー

マクラーレン

報道陣に公開されたマクラーレンの新型車「650Sスパイダー」。最高出力は650psで、0―100キロ加速3.0秒、最高速度329キロを誇る。価格は3400万円(税込)=1日、東京都港区
時事通信 4月1日(火)15時53分配信



かっちょええ〜
早ぁ〜い!高額ぅ〜!絶対乗れん(^^ゞ
誰か、誕生部プレゼントに下さいm(_ _)m
軽パワー搭載、ケータハム160登場

01_l.jpg

軽のエンジンやばいね(^^ゞ

ってか、優秀ですね! 

俺の希望・・・・

トヨタS800=いわゆるヨタハチ!!みたいな車、復活して(作って)くれないかな?
外は旧車で中身は現代で(^^ゞ

・・・にしても、格好いいね☆☆☆
東京モーターショーで発表されてました(^^ゞ SUZUKIの新車、NEWモデル『ハスラー』
スズキハスラー

SUZUKIもやりますね!(^^ゞ
⇒⇒詳細はこちら(サイト)で確認してくださいね!

ただ心配なのは・・・消費税の問題と自動車税の増税です ← ふざけてるよね!?軽自動車が売れてるのは企業努力でしょ? 企業は庶民の味方です!

日本は税金取り過ぎじゃない?ま、そうしたのもあの人たち? 財政が厳しいのも分かるけども・・・・

ホントに財政が厳しくてどうしようもないなら、自分たちの身を削って一般庶民並みの生活してみろって!思うのは俺だけでしょうか? そうすれば少しくらいは気持ちわかってくれるかな?


ま、それは置いておいて・・・新モデル格好いいね☆☆☆ 懐に余裕があればセカンドカーに欲しいです(^^ゞ
チラシ1 チラシ2

もう少しで・・(^^ゞ

新型Tantoが誕生します!! モデルチェンジする度格好良くなってる☆☆☆ 最近は軽自動車も高級車になってきてるんで、購入するのも大変です(T_T)

なのに・・・
税金を上げるとか!?やめて欲しいですね(^^ゞ 軽自動車をここまでしたのは企業努力だと思うんですが。。

誰かプレゼントして下さい m(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。